住宅の知識を身に付け役立てる~オシャレハウストーリー~

費用を把握して購入

DIY工具の価格を知る

DIY、今までのイメージ、言葉としてはお父さんが休みの日にする大工仕事そう日曜大工だ。男の仕事、世界などというイメージが強かったと思う。それがDIYという言葉の浸透とともに女性にも受け入れられるものになってきていると思われる「DIY女子」などと言われている感じだ。男性女性関係なく受け入れられてきたDIYその工具も様々にあって誰でも手に入れやすい状況だ。ホームセンタなどでは大きく工具コーナーが取られているとこをよく目にする。価格的には主に電動工具などはビギナークラスで比較的求めやすく数千円から1万円くらいでありプロ仕様になると基本的に数万円するのが現状であろう。手動工具などは数千円あれば一式そろう感じである。

歴史はどのように歩んできた

工具にはどんな歴史があるのだろうか。人類の究極とも考えられているようだ、他の動物との違いを感じさせるのは道具を常に進化させてきたことらしい。道具の進化は常に必要とされていることから開発されそして工夫され改良を繰り返して発展させてきたものらしい。昔は道具屋とほかの道具屋との互換性ない状況だったらしくあるところで作られたスパナなどで他のところで作られたナットはサイズが合わないのが当たり前のことだのである。それが改善されたのが産業革命の時期に工具を標準化するという動きになったのだそれにより大量生産できるようになっていくのである。大量生産によりコスト低下、品質向上を実現されたくさんの人が手に入れやすくなっていくのである。今では誰もがDIYに挑戦できるようになっている。

Copyright© 2015 住宅の知識を身に付け役立てる~オシャレハウストーリー~All Rights Reserved.